e遺書.jpスポンサー規約
「e遺書.jp」スポンサー規約
制定日 平成22年9月7日 
当ホームページのトップページに広告を掲載して頂けるスポンサー様を募集しております。
「e遺書.jp」の募集要項および利用規約に同意頂き、広告掲載をご希望の場合は、当社までご連絡ください。
【「e遺書.jp 」広告スポンサー利用規約】
このスポンサー規約(以下「本規約」)は、広告主企業様(以下「スポンサー」)と 株式会社ローデッド(以下「当社」)が管理・運営するインターネット遺書作成サイト「e遺書.jp」(以下「本サイト」)内における バナー等広告についての掲載にかかる一切の関係に適用されます。スポンサーには、本規約にしたがって、本サイト内に広告をご掲載頂くことができます。  
●第1条 (定義)
   1. 本規約に基づく各用語の定義は、以下の通りとします。
・「本サービス」 :本サイト各所に設けられた有料広告表示スペースに広告掲載させるサービス
・「スポンサー」 :本サービスを利用して広告掲載を行う、法人、組織団体、個人事業主
・「ユーザー」 :本サイトの利用会員、またはトップページを訪問する一般の方
・「リンク先」 :有料広告表示スペースがクリックされた後のリンク先のURL
   2. 本規約中、スポンサーに関する規定は広告代理店にも準用するものとし、特に記載な  
     い場合、「スポンサー」との記載には「広告代理店」も含めるものとします。
●第2条 (本規約の適用)
本規約は、当社とスポンサーとの間に生ずる一切の関係に適応されるものとします。本規約等の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約等のその他の規定は有効とします。本規約等の規定の一部があるスポンサーとの関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本規約等はその他のスポンサーとの関係では有効とします。        
●第3条 (本サービスの内容確認)
本サービスは、スポンサーの企業情報、および各種製品・サービス情報等を、本サイトのユーザーを対象に広告宣伝をするものです。当社は、スポンサーに対してユーザーからの申込、購入等を保証するものではありません。
●第4条 (スポンサーの条件)
スポンサーの条件は、第8条に該当しないことを前提として、以下の通りとします。
・生前準備、死後に関連したサービスを提供する法人、組織団体、個人事業主
・相続等の法律相談、サポートに関連したサービスを提供する法人、組織団体、個人事業主
・本サイトの運営にご賛同、ご協力頂ける一般の法人、組織団体、個人事業主
・その他当社が適当と認めた法人または個人

●第5条(広告掲載のお申込)
スポンサーとして広告掲載をご希望の際は、当社指定の申込書に必要事項を記入し、捺印の上、必要書類を添付したものをご提示頂きます。掲載審査通過後にお申込契約の締結となります。

●第6条 (利用料金及び支払い方法)   
   1. 当社が、別途定める「スポンサー広告料金表」に準じます。
   2. ご利用料金のお支払いは、当社が指定する金融機関へのお振込、または自動引き落  
     としによるものとします。尚、お振込み手数料は、スポンサーの負担とさせて頂きます。
   3. 当社は、スポンサーへの事前通知により、本サービスの利用料金額を改訂する事がで 
     きますが、掲載契約中のものについては改訂前の金額が適用されます。

●第7条 (本サービスの利用開始時期)
本サービス開始時期は、第6条に定める内容「利用料金及び支払い方法」が確認され次第、必要サービスの各種設定作業を開始し、本サービスの利用開始日をお知らせします。

●第8条 (広告掲載基準)
当社は、スポンサーの広告内容および表現等について、e遺書.利用規約第6条(禁止事項)または、以下に該当もしくは該当する恐れがあると判断した場合、広告掲載をお断りすることがあります。また、当社が広告掲載中に判断した場合は、該当する広告を削除することがあります。
・法令に反する、または反する可能性のあるもの
・第三者の名誉を毀損し、プライバシーを侵害し又は誹謗中傷するもの
・公序良俗に反する内容およびアダルト性風俗に関するもの
・無限連鎖講(ネズミ講)、チェーンメール、MLM、リードメール等他人を勧誘するもの
・面識のない異性または同性との出会い等を目的としたもの
・第三者を自殺に誘引する恐れがあるもの
・暴力、オカルト、などの内容が含まれるもの
・客観的なデータで裏づけをされていない「No.1・1位・最大・絶対」等の表現のあるもの
・ユーザーが不快に感じる内容や差別用語などを使用したもの
・スポンサーの競合他社の地位、信用を傷つけるもの
・第三者の知的財産権、肖像権その他いかなる権利を含め、それを侵害する、または侵害する  可能性のあるもの
・特定の思想・セミナー・宗教への勧誘および啓蒙を目的としたもの
・広告文章およびキーワードと、広告クリック先のウェブページの内容が明らかに異なるもの
・当社サービスと競合する商品・サービスの広告
・リンク先の内容に、前各号に準じる当社が不適切とする内容があるもの
・その他前各号に準じる当社が不適切とする内容
●第9条 (掲載広告の削除とご返金)
当社は、前条に該当しない場合でも利用料金受領済みの未掲載期間分の広告掲載料金の一部を返還することにより、掲載中の広告を削除することができます。掲載期間中に前条および本条に関わる理由により広告を削除した場合、スポンサーへの返還金額は、当社が受領済みの金額のうち、未掲載期間分の半額を上限として、当社とスポンサーとの間で協議の上、決定します。
●第10条 (本サービスの運用・保守管理)
1. 当社は、下記の事項に該当すると判断した場合、事前通告なく本サービスを中断・停止・廃止する事があります。
        ・システムまたは関連設備の修繕・保守等で定期・緊急を要する場合
        ・天災・停電・火災・紛争等により設備障害が発生した場合
        ・その他の事由により、本サービスの中断・停止を必要とする場合
2. 1項の事由により、本サービスが中断・停止した場合、受領済みの料金の返還、およびスポンサーに生じた損害の一切について、当社は責任を負いません。

●第11条 (守秘義務)
1. スポンサーは本サービスを利用することで取得した当社、ユーザー、その他第三者の、氏名、電子メールアドレス、その他一切3の情報について、公開または漏洩をしてはいけません。
2. 当社は、スポンサーに対して申し込み等を行ったユーザーの氏名、電子メールアドレス、その他一切の情報について、本人の承諾を得ずに公開または漏洩をいたしません。
3. 前2項の規定は、裁判所、行政機関、監督官庁、その他の公的機関から合理的根拠に基づき開示を要求された場合は、この限りではありません。

●第12条 (免責)
1. 当社側の意図的な業務怠慢による場合を除き、当社は、本サービスの利用に起因する損害についてその責を負いません。
2. スポンサーと利用者との取引は、双方の責任において行い、商品・サービス等の代金の支払い、契約条件の決定等はすべてスポンサーと利用者が当事者として責任を負います。当社は、サービス中に掲載されている広告によって行われる取引に起因する損害および広告が掲載されたこと自体に起因する損害については一切責任を負いません。
3. スポンサーが本サービスを通じて、ユーザーおよび第三者に損害を与えた場合、当該スポンサーは自らの責務において損害賠償を含めた一切の問題を解決し、当社はその責務を負いません。
4.  本サイトが、天災、システム上の不具合、緊急メンテナンス等の事由により 一時的に運営できなくなり、スポンサーの広告表示ができない期間が発生した場合は、受領済みの広告掲載料金についての返還、もしくは一部返還はできません。

●第13条 (内容の変更の届出)
1. 広告掲載の申込内容に変更が生じた場合、スポンサーは、当社に対して速やかにその旨の通知を行うものとします。
2. スポンサーが、前項にある変更届けの不通知、および通知遅延によって、ユーザー、その他第三者に損害を与えた場合、当該スポンサーは自らの責務において損害賠償を含めた一切の問題を解決し、当社はその責務を負いません。
●第14条 (本サービスの変更と終了)
当社は、スポンサーに事前に通知することにより、本サービスおよび本サービスの一部を変更、追加、終了することができるものとします。この通知は本サービスのサイト上での掲示によるものとします。また、この通知を行った後に本サービスを変更、追加、終了した時点で、弊社はこれに伴うスポンサーの損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとします。
●第15条(著作権利及びライセンスの帰属)
本サービスを利用しているコンテンツ、技術すべてのイメージ(バナーや商標登録なども含む)に関する権利は全て当社に帰属します。スポンサーは、当社の事前の許可なくして、それらの内容などに対して一切の修正・変更はできません。
●第16条 (契約の解除)  
1. スポンサーと当社は、相手方が以下に該当する場合、本サービスにかかる契約を解除することができます。
・本規約の条項に違反したとき
・天災その他の異常事態により本サービスの提供を継続することが困難と判断した場合
・差押え、仮差押、仮処分その他の強制執行、滞納処分又は保全処分を受けたとき
・手形、小切手の不渡りがあったとき、または銀行取引停止処分を受けたとき
・破産、民事再生、会社更生、会社整理または特別清算の申し立てがされたとき
・解散または営業停止になったとき
・料金等の支払を遅滞したとき
・ その他、双方に不実又は不信用の行為があって、契約を継続しがたいと認められるとき                    
2. 前項による契約の解除は、相手方に対する損害賠償の請求を妨げませんが、 スポンサーに対する当社の損害賠償責任は、当社が受領済みの金額のうち、未掲載期間分の半額を上限として、当社とスポンサーとの間で協議の上、決定します。
●第17条 (規約の改訂について)
当社は、法令等の制定、変更、廃止および、業務・運営上の理由からスポンサーへの了解を得ることなく本規約を変更できるものとします。この場合、変更後の規約は本サービスのサイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。

●第18条 (協議事項)
本規約に定めのない事項または、本規約の各条項の解釈に疑義が生じた場合は、双方互いに誠意を持って協議しこれを解決するものとする。

●第19条 (準拠法・裁判管轄)
本規約は、日本法に従って解釈され、弊社と広告主との紛争については、弊社の本社所在地を管轄する裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

平成22年9月7日制定
閉じる